離婚とお金VOL18 夫の借金の保証人になっていた場合、離婚時にやるべきことと財産分与について | 離婚弁護士マップ
MENU
close
閉じる
離婚に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日無料受付中
離婚相談ダイヤル(無料)
050-5445-6161
浮気 不倫により慰謝料請求をしたい方 > 浮気 不倫により慰謝料請求をされた方 >

離婚弁護士コラム

離婚問題に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日いつでも受付!
050-5445-6161
離婚相談ダイヤル(無料)
無料メール相談
離婚弁護士マップ > 離婚とお金VOL1 離婚の前に必ず決めておくべき 苗字・親権・お金のこと > 離婚とお金VOL18 夫の借金の保証人になっていた場合、離婚時にやるべきことと財産分与について

離婚とお金VOL18 夫の借金の保証人になっていた場合、離婚時にやるべきことと財産分与について

離婚をする際に、気をつけなければいけないことの一つとして、「借金の保証人になっているか」ということがあります。

例えば、マンションなどの住宅を購入する際、夫(あるいは妻)が主債務者であり、その配偶者が連帯保証人としてローンを組むことが通常です。

また、片方が事業を営んでいる場合、自分の名義で借り入れを行い、配偶者を連帯保証人としているケースも少なくありません。

事業のための借り入れなど、結婚生活とは関係のない借金に関しては、財産分与の計算対象外となりますが、連帯保証人として書類に判が押している場合は、話は変わります。

これらの連帯保証人については、離婚をしたからといって自動的に連帯保証人から外れることはなく、借金の借入先(多くは金融機関)との調整や交渉が必要となります。

住宅ローンであっても、事業のための借り入れであっても、書類に連帯保証人としての署名や押印がある以上、離婚をしたからといって自動的に連帯保証人から外れることはありません

連帯保証人から外れるためには、

  • ①代わりの連帯保証人を立ててもらう
  • ②(金融機関から借り入れをするなどして)連帯保証人となっている借金を完済する

しかありません。

ただし、①の場合のほとんどは、借入先による新たな連帯保証人候補者の審査が必要となるため、審査に通らない場合もありますし、②についても、連帯保証人となっている借金を完済できるほどの財産あるいは新たな借り入れを出来る程の資産がないと実現することは困難でしょう。

何より、仮に夫婦間で①(あるいは②)を行うことに合意が出来たとしても、借入先の同意なしに連帯保証人を外すことは認められません

連帯保証人というのは、一度判を押した以上、原則、完済しない限りその効力は残ってしまい完済しない限り返済義務を負う、大変強い制度ですので、注意が必要です。

なお、離婚協議の際に、相手方から「お前は借金の連帯保証人となっている」と言われたからといって、決してそれを鵜呑みにせず、きちんと契約書など書面で確認するようにして下さい。

借入先が銀行などの金融機関の場合、本人の同意なくして、勝手にその人を連帯保証人にすることはありえませんが、大昔の消費者金融や個人が借入先の場合は、本人の同意なしに勝手に連帯保証人にしてしまうケースもありました。

もちろん、このような覚えのない連帯保証契約は無効となりますので、ご安心下さい。

では、具体的に、

  • ・住宅ローンの連帯保証人となっている場合
  • ・事業のための借り入れの連帯保証人となっている場合

の2ケースについて具体的に見ていきましょう。

住宅ローンの連帯保証人となっている場合

離婚の際の財産分与における連帯保証人問題のほとんどが、住宅ローンであるように見受けられます。

仮に、夫婦両方が離婚をする際、現在の住宅を売却して、ローンを完済するならば、特段連帯保証人問題を気にする場合はありませんが、住宅を売却してもなお、ローンが残ってしまう場合(ケース①)、どちらかがローンを支払いながら住宅に住み続ける場合(ケース②)は注意が必要です。

ケース①:ローン2,000万円、住宅売却額1,500万円の場合

→ 2,000万-1,500万円=500万円は借金として残る
→ 離婚をしても、協力して残りの500万円を支払う義務が残る
→ 主債務者(夫あるいは妻)が返済を滞った場合、連帯保証人である配偶者に請求が行く

ケース②:ローン2,000万円が残っているが、どちらかが住み続ける場合

※ケース①とは違い、住宅は売らないので、住宅売却額を検討する必要はない
 → 協力して2,000万円を払い続ける

※現実的には、今後も住み続ける方が2,000万円を払い続けるが、家を出ていく方にも返済義務は残り、返済が滞った場合には、(仮に家に住んでいなかったとしても)連帯保証人に請求が行く

ただし、現実的には、ケース①のように、ローンの残債務(上記例でいえば500万円)が残ったまま住宅を売却することは、金融機関によっては応じてくれないことの方がほとんどです。

事業のための借り入れの連帯保証人となっている場合

夫(あるいは妻)が事業などのための借り入れを行っており、その配偶者が連帯保証人となっている場合も、結論は変わりません。

車のローンなどといった結婚生活とは関係ない場合の借金は、財産分与の対象外となる場合もありますが、連帯保証人となっている場合は、離婚後も、ローンを完済しない限り、支払義務は残ります

なお、金融庁の監督指針により平成23年7月14日以降の事業などの借り入れに対しては、専業主婦や事業に関与しない配偶者を連帯保証人とすることは原則禁止となりました。

まとめ

住宅ローンであっても、事業のための借り入れであっても、書類に連帯保証人としての署名や押印がある以上、離婚をしたからといって自動的に連帯保証人から外れることはなく、連帯保証人から外れるためには、

  • 1 連帯保証人がある借り入れを完済する
  • 2 代わりの連帯保証人を準備する(債権者(銀行など)の同意が必要です)

しかありません。

最後にどうしても連帯保証契約を外せなかった場合に検討すべきことについて述べておきたいと思います。

連帯保証契約により、連帯保証人が主債務者の代わりに債務を支払った場合、連帯保証人は主債務者に対して自分が支払った分の支払いを請求することが出来ます(法律用語で「求償権の行使」といいます)。

A銀行 ⇒ 連帯保証人C主債務者Bが返済を怠ったため、
A銀行は連帯保証人Cに請求をする
連帯保証人C ⇒ A銀行連帯保証人CはA銀行に対し
100万円を支払う
連帯保証人C ⇒ 主債務者B「求償権の行使」を取得する
※このときにあらかじめ「公正証書」を作っておけば、裁判などの手続を行わず、Cは直接Bの財産に強制執行を行い、100万円の請求をすることが可能

将来的に主債務者が支払いを怠り、連帯保証人である自分が支払った場合、あらかじめ、裁判などの手続を取ることなく、主債務者である相手方の財産に対して速やかに強制執行が出来るように、求償権行使に備え予め公正証書を作成することも検討しておいた方がいいでしょう。

▼離婚とお金 シリーズ

  1. 離婚とお金VOL1_あとで慌てない!離婚の前に必ず決めておくべき3つのこと
  2. 離婚とお金VOL2_要チェック!離婚したら相手から受け取れる4種類のお金と注意点
  3. 離婚とお金VOL3_どこまで認められる?離婚前の別居期間中の生活費で請求できる項目とは
  4. 離婚とお金VOL4_離婚の財産分与と慰謝料の要求は時効に注意!約束を守らせる秘訣とは?
  5. 離婚とお金VOL5_親権者でなくても離婚後に子どもを引き取れる「監護者」とは?
  6. 離婚とお金VOL6_「離婚後は子どもを会わせたくない」は認められない?まずは面会のルールを決めよう
  7. 離婚とお金VOL7_離婚時に決めた財産分与や養育費が支払われない場合にとれる差押えなどの解決方法
  8. 離婚とお金VOL8_内縁など事実婚状態でも財産分与や慰謝料、養育費の要求は可能?
  9. 離婚とお金VOL9_家事労働分がカギ!専業主婦と共働き2つのケースでの離婚における財産分与はどう違う?
  10. 離婚とお金VOL10_離婚を急いで請求権を放棄すると取り返しがつかない!あとから請求する方法はある?
  11. 離婚とお金VOL11_親の遺産は?離婚時の財産分与でもらえるものと、もらえないもの
  12. 離婚とお金VOL12_財産分与を現物でもらうのはアリ?離婚で不動産をもらうときの注意点
  13. 離婚とお金VOL13_財産分与と慰謝料を受け取ると税金がかかる?離婚と税金の関係について解説
  14. 離婚とお金VOL14_マンション頭金や結婚式費用は離婚時の財産分与でどうなる?
  15. 離婚とお金VOL15_相手の事業を手伝っていたが離婚した場合の財産分与について
  16. 離婚とお金VOL16_借金のある事業や夫の浪費癖により喪失した事業資産がある場合、離婚したら財産分与はどうなる?
  17. 離婚とお金VOL17_浮気した本人は離婚時に財産分与を受け取れる?慰謝料との関係も解説
  18. 離婚とお金VOL18_夫の借金の保証人になっていた場合、離婚時にやるべきことと財産分与について
  19. 離婚とお金VOL19_離婚による財産分与を分割でもらう際に必ずやるべきことと、ローンが残っている不動産のもらい方
  20. 離婚とお金VOL20_姑からのイジメも?離婚で慰謝料を受け取れるケースとその相場について解説
  21. 離婚とお金VOL21_慰謝料も財産分与も請求できる期限がある!不払いを防ぐ方法とは?
  22. 離婚とお金VOL22_事実婚で生まれた子は?養育費をもらえるケースとその期間について解説
  23. 離婚とお金VOL23_諦めたら損!養育費が決まらない場合にとるべき手段
  24. 離婚とお金VOL24_養育費の相場はいくら?年収で計算する方法を解説!
  25. 離婚とお金VOL25_養育費で損しないための対策!毎月払いと一括払いの利点欠点と、不払いを防ぐ方法
  26. 離婚とお金VOL26_養育費はあとから増額や減額ができる?具体的なケースを解説!
  27. 離婚とお金VOL27_失業や借金で養育費を払えないと言われた場合、今までどおり要求できるケースと諦めたほうがいいケース
  28. 離婚とお金VOL28_再婚したら養育費はどうなる?養子縁組との関係について解説
  29. 離婚とお金VOL29_財産分与や養育費の話し合いがうまくいかない場合に、まずやるべきこと
  30. 離婚とお金VOL30_DVが離婚原因の場合、直接会わずに慰謝料や養育費などの話し合いを進める方法を解説
  31. 離婚とお金VOL31_養育費の過剰な取り立ては訴えられるかも?やってはいけない催促とは
  32. 離婚とお金VOL32_養育費が支払われない場合は祖父母に払ってもらえる?法律上の支払義務とは
  33. 離婚とお金VOL33_養育費の支払いを内容証明で催促する方法を解説!
  34. 離婚とお金VOL34_養育費など離婚給付の話し合いがまとまらない場合に裁判を考えるタイミング3つ!
  35. 離婚とお金VOL35_養育費を要求するための少額訴訟のやり方
  36. 離婚とお金VOL36_財産分与が支払われない!借金取立てにも利用される「支払督促」について知っておこう
  37. 離婚とお金VOL37_いきなり裁判はできない!養育費が支払われないときに踏むべき手順について解説
  38. 離婚とお金VOL38_財産分与や養育費の取り決めを無視された場合に財産を差し押さえる手続き方法
  39. 離婚とお金VOL39_財産分与や養育費が支払われない場合、いくら差押えができる?
  40. 離婚とお金VOL40_離婚して子どもを夫に会わせたくないときに考えるべきこと
  41. 離婚とお金VOL41_夫と子どもとの面会は制限していい?祖父母に面会交流権はある?
  42. 離婚とお金VOL42_親権でもめて子どもを連れ去られたときに返してもらう方法を解説
  43. 離婚とお金VOL43_離婚後、子どもに会わせてくれなくなった場合に面会を求める方法とは
  44. 離婚とお金VOL44_離婚後も結婚中の姓を名乗るための手続き
  45. 離婚とお金VOL45_離婚して旧姓に戻っても子どもは夫の姓のまま?妻の戸籍に入り妻の姓にする方法
  46. 離婚とお金VOL46_子どもの姓を親権者ではない方の姓に変える手続き
  47. 離婚とお金VOL47_戸籍からバツイチを消す裏ワザ!注意点も解説
  48. 離婚とお金VOL48_子どもの親権者が虐待をしていたときに親権を変更する方法
離婚は大半の人には初めてのことで、心配で相談することすらどうしたら良いのかわからない方もいらっしゃると思います。
また離婚は夫婦ごとに個別事情ですので、 インターネットで調べても、自分自身にあっているのか? ケースでどうするのか?正解かを理解することは難しいです。
離婚に強い弁護士に相談することをおすすめします。

離婚相談ダイヤル

05054456161
mail

関連記事

top