MENU
close
閉じる
不倫・浮気の慰謝料に関するご相談は
弁護士による60分無料相談受付中!
その他ご相談有料相談受付中
9時~20時(年中対応)
離婚弁護士相談ダイヤルに相談する
無料資料請求電子パンフレット 浮気 不倫により慰謝料請求をしたい方 > 浮気 不倫により慰謝料請求をされた方 >

コラムカテゴリー

不倫・浮気慰謝料のご相談は弁護士が60分無料相談します!
その他のご相談は弁護士相談は有料となります。
コンフリクトチェックの為お名前をお伺い致します
コンフリクトチェックとは?
離婚弁護士相談ダイヤル
9:00~20:00(年中対応)
ご相談窓口 >
離婚・浮気・不倫の慰謝料請求に強い弁護士法人ベンチャーサポート法律事務所 > 離婚とお金VOL1 離婚の前に必ず決めておくべき 苗字・親権・お金のこと > 離婚とお金VOL16 借金のある事業や夫の浪費癖により喪失した事業資産がある場合、離婚したら財産分与はどうなる?

離婚とお金VOL16 借金のある事業や夫の浪費癖により喪失した事業資産がある場合、離婚したら財産分与はどうなる?

財産分与をする際、会社員などの給与所得者の場合に比べ、会社経営、自営業者の場合は解決するのが複雑になるケースが多く見られます。

特に借金がある場合はより複雑です。

ここでは、借金のある会社経営者、自営業者が離婚する際の財産分与について説明します。

事業資産や会社の財産は財産分与の対象となるか

離婚をする際、夫が経営する個人事業の財産や会社の財産は財産分与の対象となるのでしょうか。

会社経営の場合

夫一人しか役員のいない会社であっても、会社と夫は、法律上は別の人格です。

そのため、会社の財産は財産分与の対象とはならないのが原則です。

しかし、会社の財産は絶対に財産分与の対象とならないかというと、一概にはそうとはいえません。

会社名義の財産であっても、個人財産と同一視できる場合には財産分与の対象となるとする判例も出ています

会社が個人営業の延長であると言える状態で、夫が実質的に管理、処分する権利を握っているような場合は、会社であっても個人営業と同一視できるとして、財産分与の対象となるとされています。

会社の株式

夫婦の婚姻期間中に夫婦の共有財産から出資して会社を設立した場合には、会社の株式が財産分与の対象となります

株式を財産分与する場合、株式そのものを分与する方法もありますが、株式の時価相当額を請求する方法の方が一般的です。

株価の評価を算定するのは自分たちでは難しいため、税理士等の専門家に相談することをおすすめします。

個人事業の場合

個人事業の場合は、結婚期間中の事業経営によって夫婦で協力して築いた財産であれば、基本的に財産分与の対象となります

ただし、事業を夫一人が営んでおり、家計と事業が明確に分けられていた場合には、事業資産から財産分与を請求することは難しくなります。

夫婦で協力して事業を営んでいた場合には、事業資産に対しても財産分与を請求することができるでしょう。

事業を夫婦でしていた場合の財産分与割合は

夫婦で事業をしていた場合、結婚期間中の事業経営で築き上げてきた財産が分与の対象となりますが、分与の割合はどうなるでしょうか。

収入の多寡や家事、事業への貢献度にもよりますが、基本的に財産の分与割合は2分の1ずつとするケースが多くなります

ただし、例えば夫が医師をしておりクリニックを経営していた場合に、妻の貢献度が低いとされて財産分与割合が低くなった判例もあります。

医師のように特別な資格によって業務をしていた場合、資格取得をした本人の能力によって財産を形成した面が強く、妻と同じ割合の貢献度とするのは不公平となるからです。

芸術家や技術者などの個人の特別な才覚によって大きな資産を築いた場合にも同じような考え方となります。

借金の扱いはどうなるか

財産分与において、借金はどのように考えるのでしょうか。

基本的に、財産分与を計算する際、債務(借金)は財産から控除することとなります

例えば、共有財産の総額が1,000万円で、借金が500万円ある場合、1,000万円から500万円を控除した残りの500万円が財産分与の評価となり、2分の1ずつの財産分与割合の場合は夫婦の取り分は250万円ずつということになります。

ただし、あらゆる債務が財産分与の際に財産から控除されるわけではありません。

夫婦で結婚生活を送るために作った債務でなければ、財産分与の対象とはなりません。

財産分与の対象となる債務は、住宅ローン、教育ローン、生活費のための借入等といったものです。

これらは結婚生活を送るために必要な債務であり、二人で共同して負担すべき債務であるといえるため、財産分与の対象となり、プラスの財産から控除することになります。

ただし、債務が財産よりも高額となる場合であっても、債務まで夫婦で分けるということはありません

その場合には、財産分与の額が0となるだけであり、債務の半分を負わなければいけないということはありません。

事業で借金がある場合

事業のための借金がある場合はどうでしょうか。一概には言えませんが、事業のための借金は財産分与の際に財産から控除しないことが多いです。

ただし、個人事業の場合、事業資金と生活費の区別が明確でない場合も多く、事業のための債務なのか生活費のための債務なのか特定が難しい場合もあります。

いずれにせよ、事業資金の債務があるから財産分与できない、などと配偶者から主張されても、すぐに諦める必要はありません。

会社の債務がある場合

配偶者が経営する会社に債務がある場合はどうでしょうか。

会社は個人とは別人格であり、会社に債務があっても基本的に財産分与には影響しません

夫婦の共有財産から会社の債務を控除することなく、財産分与を請求することができます。

ただし、財産分与をした結果、夫の経済状況が悪化し、経営する会社が破綻して債権者が債権を回収できなくなった場合、その財産分与が「詐害行為」と認定されてしまう危険性があります。

詐害行為というのは、債務者が債権者を害することを知りながら、わざと自分の財産を減少させ、債権者が正当な弁済を受けられないようにする行為のことです。

詐害行為と認定されると、債権者から財産分与を取り消されてしまうことがあります

ただし、実際の判例では、財産分与が不相当に過大で、離婚を隠れみのにした不当なものでない限り、夫に借金があっても財産分与を取り消すことはできないとされています。

ギャンブルで借金をした場合は

夫にギャンブルの借金がある場合は財産分与にどう影響するでしょうか。

ギャンブルや個人の趣味のための借金というような、結婚生活を維持するために無関係な債務は、財産分与の際に財産から控除できません

夫婦の共有財産からギャンブル等による債務を控除することなく、財産分与を請求することができます。

また、ギャンブル等で夫婦の共有財産を減少させてしまっている場合、このギャンブル等の支出を夫婦の共有財産に「持ち戻す」ことが認められる場合もあります

たとえば、夫婦の共有財産として本来1,000万円の貯金が残っているはずだったところ、夫がギャンブルで500万円使ってしまい、500万円しか残っていない場合に、財産分与の評価を残っている500万円ではなく、本来残っているはずの1,000万円と考えて、1,000万円を財産分与の対象財産と考えるのです。

そうすると、結果的に、財産分与の請求権者である妻は1,000万円の2分の1の500万円を請求できることとなり、夫は現在の残高500万円から妻に500万円を支払うこととなり、取り分がゼロということになります。

まとめ

財産分与の際、債務があったり、事業をしていたりする場合は手続きが複雑になります。

まず、財産の種類も多岐にわたることが多く、共有財産の特定をするのも大変です。

また、債務が財産から控除されるものかどうかの判断や、財産分与の割合をどうするかの判断も必要になります。

このようなことを考えると、自分にとって不利な条件での財産分与とならないよう、あらかじめ弁護士等の専門家に相談することが最善でしょう。

▼離婚とお金 シリーズ

  1. 離婚とお金VOL1_あとで慌てない!離婚の前に必ず決めておくべき3つのこと
  2. 離婚とお金VOL2_要チェック!離婚したら相手から受け取れる4種類のお金と注意点
  3. 離婚とお金VOL3_どこまで認められる?離婚前の別居期間中の生活費で請求できる項目とは
  4. 離婚とお金VOL4_離婚の財産分与と慰謝料の要求は時効に注意!約束を守らせる秘訣とは?
  5. 離婚とお金VOL5_親権者でなくても離婚後に子どもを引き取れる「監護者」とは?
  6. 離婚とお金VOL6_「離婚後は子どもを会わせたくない」は認められない?まずは面会のルールを決めよう
  7. 離婚とお金VOL7_離婚時に決めた財産分与や養育費が支払われない場合にとれる差押えなどの解決方法
  8. 離婚とお金VOL8_内縁など事実婚状態でも財産分与や慰謝料、養育費の要求は可能?
  9. 離婚とお金VOL9_家事労働分がカギ!専業主婦と共働き2つのケースでの離婚における財産分与はどう違う?
  10. 離婚とお金VOL10_離婚を急いで請求権を放棄すると取り返しがつかない!あとから請求する方法はある?
  11. 離婚とお金VOL11_親の遺産は?離婚時の財産分与でもらえるものと、もらえないもの
  12. 離婚とお金VOL12_財産分与を現物でもらうのはアリ?離婚で不動産をもらうときの注意点
  13. 離婚とお金VOL13_財産分与と慰謝料を受け取ると税金がかかる?離婚と税金の関係について解説
  14. 離婚とお金VOL14_マンション頭金や結婚式費用は離婚時の財産分与でどうなる?
  15. 離婚とお金VOL15_相手の事業を手伝っていたが離婚した場合の財産分与について
  16. 離婚とお金VOL16_借金のある事業や夫の浪費癖により喪失した事業資産がある場合、離婚したら財産分与はどうなる?
  17. 離婚とお金VOL17_浮気した本人は離婚時に財産分与を受け取れる?慰謝料との関係も解説
  18. 離婚とお金VOL18_夫の借金の保証人になっていた場合、離婚時にやるべきことと財産分与について
  19. 離婚とお金VOL19_離婚による財産分与を分割でもらう際に必ずやるべきことと、ローンが残っている不動産のもらい方
  20. 離婚とお金VOL20_姑からのイジメも?離婚で慰謝料を受け取れるケースとその相場について解説
  21. 離婚とお金VOL21_慰謝料も財産分与も請求できる期限がある!不払いを防ぐ方法とは?
  22. 離婚とお金VOL22_事実婚で生まれた子は?養育費をもらえるケースとその期間について解説
  23. 離婚とお金VOL23_諦めたら損!養育費が決まらない場合にとるべき手段
  24. 離婚とお金VOL24_養育費の相場はいくら?年収で計算する方法を解説!
  25. 離婚とお金VOL25_養育費で損しないための対策!毎月払いと一括払いの利点欠点と、不払いを防ぐ方法
  26. 離婚とお金VOL26_養育費はあとから増額や減額ができる?具体的なケースを解説!
  27. 離婚とお金VOL27_失業や借金で養育費を払えないと言われた場合、今までどおり要求できるケースと諦めたほうがいいケース
  28. 離婚とお金VOL28_再婚したら養育費はどうなる?養子縁組との関係について解説
  29. 離婚とお金VOL29_財産分与や養育費の話し合いがうまくいかない場合に、まずやるべきこと
  30. 離婚とお金VOL30_DVが離婚原因の場合、直接会わずに慰謝料や養育費などの話し合いを進める方法を解説
  31. 離婚とお金VOL31_養育費の過剰な取り立ては訴えられるかも?やってはいけない催促とは
  32. 離婚とお金VOL32_養育費が支払われない場合は祖父母に払ってもらえる?法律上の支払義務とは
  33. 離婚とお金VOL33_養育費の支払いを内容証明で催促する方法を解説!
  34. 離婚とお金VOL34_養育費など離婚給付の話し合いがまとまらない場合に裁判を考えるタイミング3つ!
  35. 離婚とお金VOL35_養育費を要求するための少額訴訟のやり方
  36. 離婚とお金VOL36_財産分与が支払われない!借金取立てにも利用される「支払督促」について知っておこう
  37. 離婚とお金VOL37_いきなり裁判はできない!養育費が支払われないときに踏むべき手順について解説
  38. 離婚とお金VOL38_財産分与や養育費の取り決めを無視された場合に財産を差し押さえる手続き方法
  39. 離婚とお金VOL39_財産分与や養育費が支払われない場合、いくら差押えができる?
  40. 離婚とお金VOL40_離婚して子どもを夫に会わせたくないときに考えるべきこと
  41. 離婚とお金VOL41_夫と子どもとの面会は制限していい?祖父母に面会交流権はある?
  42. 離婚とお金VOL42_親権でもめて子どもを連れ去られたときに返してもらう方法を解説
  43. 離婚とお金VOL43_離婚後、子どもに会わせてくれなくなった場合に面会を求める方法とは
  44. 離婚とお金VOL44_離婚後も結婚中の姓を名乗るための手続き
  45. 離婚とお金VOL45_離婚して旧姓に戻っても子どもは夫の姓のまま?妻の戸籍に入り妻の姓にする方法
  46. 離婚とお金VOL46_子どもの姓を親権者ではない方の姓に変える手続き
  47. 離婚とお金VOL47_戸籍からバツイチを消す裏ワザ!注意点も解説
  48. 離婚とお金VOL48_子どもの親権者が虐待をしていたときに親権を変更する方法
離婚は大半の人には初めてのことで、心配で相談することすらどうしたら良いのかわからない方もいらっしゃると思います。
また離婚は夫婦ごとに個別事情ですので、 インターネットで調べても、自分自身にあっているのか? ケースでどうするのか?正解かを理解することは難しいです。 弁護士が離婚までの壁を解決いたします。

離婚弁護士相談ダイヤル

不倫・浮気の慰謝料のご相談は
弁護士が60分無料相談受付中!
その他ご相談は有料相談受付中!

mail
0120200316

関連記事

top