自ら夫の浮気相手に慰謝料請求するも相手にされず、弁護士に依頼しスピード解決しました | 離婚弁護士マップ
MENU
close
閉じる
離婚に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日無料受付中
離婚相談ダイヤル(無料)
050-5445-6161
浮気 不倫により慰謝料請求をしたい方 > 浮気 不倫により慰謝料請求をされた方 >

離婚弁護士コラム

離婚問題に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日いつでも受付!
050-5445-6161
離婚相談ダイヤル(無料)
無料メール相談
離婚弁護士マップ > 離婚問題の事例 > 自ら夫の浮気相手に慰謝料請求するも相手にされず、弁護士に依頼しスピード解決しました

自ら夫の浮気相手に慰謝料請求するも相手にされず、弁護士に依頼しスピード解決しました

性別女性
年齢30歳代
結婚歴10~15年
職業パート
子供のあり(人数)or なしあり(1人)
慰謝料300万円

Iさんは、夫が浮気していることを知って問いつめたところ、仕事を通じて知り合った女性と約2年前から交際しているということでした。夫は頭を下げてIさんにもう一度やり直したいと言いますが、Iさんの精神的ショックは深く、簡単には許すことができません。

夫とは離婚についてじっくり話し合うこととしましたが、浮気相手にも責任をとってもらわなければ怒りがおさまりません。

そこで、浮気・不倫の慰謝料請求に詳しい弁護士に話を聞きたいと考え、当事務所にご相談くださいました。Iさんのお話を詳しく伺うと、既にIさん自ら浮気相手に連絡を取って慰謝料請求をしたとおっしゃいました。しかし、浮気相手は不貞行為を認めず、「裁判でもなんでもすればいいじゃないですか」とIさんを相手にしなかったとのことです。

当事務所の弁護士は、当事者同士で話し合いが進まなくても弁護士が間に入れば話し合いができるケースもあるとお伝えしました。弁護士はそれに加えて、証拠がある方が相手方を説得しやすいこともお伝えし、どんな証拠があればいいのかということや、証拠の集め方などもご説明しました。後日、Iさんは夫にスマホを提出させて、不貞行為を証明できるメールや画像を見つけて撮影し、プリントアウトして弁護士にお渡しくださいました。

Iさんから正式にご依頼いただいた後、弁護士は早速、浮気相手に連絡を取って交渉を開始ししました。浮気相手は、やはり不貞行為を否定しましたが、弁護士が証拠があることを示して裁判も視野に入れていることを伝えると、不貞行為については認めました。

しかし、浮気相手は次に、Iさんの夫が独身だと言っていたと主張しはじめました。これに対して弁護士は、2年も交際していること、仕事上でも付き合いがあること、Iさんの夫が浮気相手に自宅の住所も電話番号も教えていなかったこと、休日はほとんど会わなかったことなどから、仮にIさんの夫が独身だと言っていたのが真実であったとしても、既婚者であることを知り得たはずであると答えました。

弁護士が的確に交渉を続けた結果、相手方も裁判よりは和解で解決することに理解を示し、Iさんに慰謝料300万円を支払うことで和解が成立しました。

今回のように、配偶者の浮気相手に本人様が直接話し合いを求めて慰謝料を請求しても相手にされない場合があります。

そんなときでも弁護士にご依頼いただければ、浮気相手に対して論理的に事実を問いただし、相応の慰謝料を獲得できるよう尽力します。浮気・不倫の慰謝料請求の問題で困ったら、まずは離婚に強い弁護士に相談することをおすすめします。

離婚は大半の人には初めてのことで、心配で相談することすらどうしたら良いのかわからない方もいらっしゃると思います。
また離婚は夫婦ごとに個別事情ですので、 インターネットで調べても、自分自身にあっているのか? ケースでどうするのか?正解かを理解することは難しいです。
離婚に強い弁護士に相談することをおすすめします。

離婚相談ダイヤル

05054456161
mail

関連記事

top