不倫の慰謝料は一括が原則!分割払いのデメリットと不払い等を避ける方法 | 離婚弁護士マップ
MENU
close
閉じる
離婚に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日無料受付中
離婚相談ダイヤル(無料)
050-5445-6161
浮気 不倫により慰謝料請求をしたい方 > 浮気 不倫により慰謝料請求をされた方 >

離婚弁護士コラム

離婚問題に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日いつでも受付!
050-5445-6161
離婚相談ダイヤル(無料)
無料メール相談
離婚弁護士マップ > 離婚弁護士コラム > 浮気・不倫 > 不倫の慰謝料は一括が原則!分割払いのデメリットと不払い等を避ける方法

不倫の慰謝料は一括が原則!分割払いのデメリットと不払い等を避ける方法

この記事でわかること

  • 不倫慰謝料の分割払いを避けるべき理由がわかる
  • 不倫慰謝料を一括で払わせるためのポイントを理解できる
  • 不倫慰謝料の不払いが起きたときの対処法がわかる

不倫慰謝料を請求したとき、相手から不倫慰謝料の分割払いの申し入れを受けることがあります。

不倫慰謝料はまとまった額の請求になるため、いきなり請求されても払えないことがあるのです。

不倫相手から慰謝料の分割払いの申し入れがあった場合は申し入れを受けるか迷うかもしれません。

不倫慰謝料の分割払いは基本的に避けるべきです。

なぜなら、不倫慰謝料を受け取る側にとってリスクとデメリットがあるからです。

この記事では、不倫慰謝料の分割払いを避けるべき理由や一括払いで払ってもらうためのポイント、やむを得ず分割払いを認める必要のあるケースなどを解説します。

不倫離婚の慰謝料は一括払いが原則

不倫慰謝料は一括払いが原則です。

法律上「不倫慰謝料は一括で払う」というルールはありませんが、一般的には慰謝料は一括で支払われています。

しかし、不倫慰謝料は高額になりがちです。

不倫慰謝料の相場は50~300万円となっており、ケースによっては相場よりもさらに高額の請求になることがあります。

50~300万円という相場金額で考えてみても、一括払いをするためにはある程度の資力がなければ難しいことがわかるはずです。

不倫慰謝料は原則的に一括払いではありますが、請求しても一括で払えないケースもあり、一括払いできないときはどのように払わせるかが問題になります。

不倫慰謝料は分割払いも可能である

不倫慰謝料の一括払いが難しい場合は、分割払いで払ってもらう方法があります。

不倫慰謝料はあくまで一括払いが原則ですが、資力がないなどの理由から現実的に一括払いが難しいケースがあるのです。

法律に一括払いが絶対である旨の記載はありませんから、慰謝料請求の当事者が合意すれば、不倫慰謝料を分割で払うこともできます

ただし、不倫慰謝料の分割払いは、不倫慰謝料を受け取る側にデメリットとリスクがあるため、分割払いを許すかどうか決めるときは慎重に判断する必要があるのです。

慰謝料の分割を避けるべき理由

慰謝料の分割払いが慰謝料を受け取る側にデメリットやリスクがあるといわれても「具体的に何があるのか」と思ってしまうのではないでしょうか。

慰謝料を請求するときに支払い方法を冷静に判断するために、慰謝料分割払いの具体的なデメリットとリスクを知っておきましょう。

慰謝料分割払いを避けて一括で払わせるべき理由は4つあります。

慰謝料分割払いは浮気の当事者との縁が続く

慰謝料を一括払いしてもらえば、浮気相手との縁もそれ限りです。

しかし慰謝料を分割払いする場合は、分割払いが続く限り浮気相手との縁も続きます。

浮気相手からの分割払いなどを確認する度に浮気のことを思い出し、心が痛むのではないでしょうか。

特に手ひどい浮気をされた場合などは、浮気相手とはさっさと縁を切ってしまいたいことでしょう。

一括払いならすぐに縁切りできますが、分割払いの場合は一括払いのようにはいきません。

分割払いは浮気相手との縁が続き、結果、浮気のことを後々まで引きずったり、忘れられなかったりする弊害があるのです。

慰謝料分割払いの途中で浮気相手が払えなくなる

分割払いは支払いが長引きますので、その間に浮気相手の収入状況が変わる可能性があります。

たとえば、分割払いを約束したときは「月10万円払う」と約束していたものの、その後の転職やリストラ、病気などによって収入状況が変わってしまい、当初の約束通り慰謝料を払ってもらえないことや、滞納などのリスクがあるのです。

浮気相手が慰謝料の踏み倒しをする

浮気相手が慰謝料を払わずに逃げてしまうリスクもあります。

浮気相手は月10万円ずつ慰謝料を払うと約束していましたが、2カ月払ったところで支払いが止まってしまいました。

浮気相手に督促しようと電話をかけてみると、電話番号も変わっており、住んでいる場所も引き払って転居したようでした。

このように、分割払いの場合は支払いの途中で浮気相手に逃げられてしまうリスクがあるのです。

また、浮気相手が逃げたときに浮気慰謝料の回収手段を講じるという手間もあります。

浮気慰謝料の確認や督促が面倒である

浮気の慰謝料を分割払いしている途中で滞納があると、督促という手間があります。

一括払いが遅れている場合は督促も1回ですが、分割払いは分割払いが遅れる度に督促などをおこなうため、一括払いより手間がかかります。

さらに、分割払いは慰謝料支払いの確認も一括払いより手間がかかるのです。

慰謝料一括払いなら、振り込みの確認も一度きりになります。

しかし分割払いは月の支払いごとに記帳などで確認しなければいけません。

督促や支払いの確認などが面倒だという慰謝料受け取り側のデメリットがあるのです。

慰謝料の分割が認めざるを得ないケース

慰謝料の分割払いのリスクやデメリットを考えると、慰謝料請求側は分割払いを避けたいと思うことでしょう。

しかし、中には慰謝料の分割払いを認めざるを得ないケースもあるのです。

慰謝料を一括で払わせることが難しいケースとは「慰謝料を一括で支払う資力がないケース」などになります。

慰謝料を一括で払わせたくても、相手の収入状況や預金などの資産状況から考えて一括払いが難しい場合は分割払いを認めざるを得ません。

しかし、浮気相手の資力や収入によって一括払いが難しい状況でも、場合によっては一括で払わせることが可能です。

浮気相手が一括で払うことが難しい状況だからといって即座に分割払いを許すのではなく、本当に一括払いできないのかよく検討してみましょう。

慰謝料を一括で払わせるポイントについては次の見出しで解説します。

一括で払ってもらうためのポイント

浮気の慰謝料の分割払いの申し入れがあっても、ポイントをおさえて交渉すれば慰謝料を一括で払わせることが可能なケースもあります。

浮気慰謝料を一括で払わせるためのポイントは4つです。

慰謝料の分割払いの申し入れがあったら、ポイントから一括で払わせることが可能かどうか再考してみましょう。

判断に迷う場合は弁護士にアドバイスを受けることをおすすめします。

浮気の慰謝料を財産分与で受け取る

浮気の慰謝料請求の相手が浮気をした配偶者だったときで、配偶者と離婚する場合には、浮気の慰謝料を財産分与に含めてもらうことを提案してはいかがでしょう。

財産分与は離婚にあたって婚姻中の財産の清算をおこなうことです。

浮気の苦痛に対する賠償である慰謝料とは、性質が本来異なっています。

しかし、財産分与に浮気慰謝料を含める慰謝料的財産分与をおこなうことも認められています。

財産分与は原則的に夫婦2分の1ずつですが、慰謝料の意味合いで浮気をされた配偶者に多く分与するなどのかたちで慰謝料的財産分与をおこないます。

具体的には、財産分与の対象である預金1,000万円を夫婦500万円ずつで分割するところを、浮気をした夫からの慰謝料的な意味合いで、妻に200万円多く渡し、妻700万円で夫300万円などのかたちで財産分与します。

配偶者への慰謝料請求であり、かつ離婚する場合で、分与する財産があるときに使える方法です。

慰謝料の立て替え払いにより一括で払わせる

浮気の慰謝料は第三者による立て替え払いも認められています

たとえば浮気相手の両親や配偶者などに慰謝料を立て替えてもらい、一括で払わせるのです。

立て替えてもらった慰謝料については、浮気相手と立て替えた相手の方で返済などについて話し合ってもらうことになるため、慰謝料請求側が関与する必要はありません。

なお、慰謝料の立て替え払いは、慰謝料を請求された側の親や配偶者などが立て替え払いを認めてはじめて可能な方法です。

最初から浮気の当事者以外に請求することはできませんので注意してください。

第三者に無理に立て替え払いを要求すると恐喝などに問われることもあるため、あわせて注意が必要です。

浮気の慰謝料を減額して一括で払わせる

浮気の慰謝料を、支払い側が払える額に減額して一括で払わせる方法もあります。

たとえば、浮気の慰謝料で200万円を請求したとします。

しかし支払い側が200万円だと一括払いできないとして、分割払いの申し入れがありました。

このときに相手が170万円なら一括払いできる場合、慰謝料額を170万円に減額して一括で払わせることも可能です。

ただし、あまりに減額幅が大きい場合は分割払いを検討する余地もあります。

慰謝料の一部を頭金で払ってもらい残りを分割にする

慰謝料は一括払いを分割払いの両方を取り入れることも可能です。

最初に頭金として相手が払ってもらえる額を頭金として一括で受け取り、残りを分割払いで受け取ることもできます

たとえば、浮気の慰謝料として200万円請求したとします。

しかし、浮気相手は200万円を一括で払えないため、分割払いしたいと申し入れてきました。

このとき、浮気相手は100万円なら一括払いできると主張したとします。

このようなケースで100万円を頭金として受け取り、残りの100万円を分割払いで支払ってもらう方式にすることも可能です。

一括払いと分割払いを使い分ける方法になります。

慰謝料の不払いがおきたときは?

仮に浮気の慰謝料を分割払いにして不払いが起きたときはどのように対処すればいいのでしょうか。

浮気慰謝料の分割払いで不払いが起きたときの対処法はふたつです。

督促・裁判・強制執行など適切な方法で回収する

分割払いの慰謝料不払いケースにも、いろいろな事情があります。

たとえば、支払い側がうっかり入金を忘れているケースや危急の事態でお金が必要になり、やむを得ず支払いが遅れているケースなどがあるのです。

この他には、踏み倒そうとしてわざと慰謝料を払わないケースがあります。

浮気の慰謝料の回収方法もいろいろです。

督促や裁判、強制執行など、不払いの状況や理由などにあわせて不払い慰謝料回収方法を使い分け、不払いに対処しましょう。

弁護士に相談してケースにあわせた対処をおこなう

分割払いの慰謝料の支払いが滞っても、どの方法で慰謝料を回収すべきか判断が難しいこともあります。

弁護士に相談してケースにあった慰謝料回収方法をアドバイスしてもらい、不払いに対処することをおすすめします。

また、分割払いの慰謝料は不払いが起きる前に不払い対策しておくことも重要です。

弁護士に相談すれば、慰謝料の分割払いに際してどのような条件をつけるべきか、アドバイスを受けることもできます。

あらかじめ慰謝料の分割払いについてアドバイスを受けて対策できれば、後から不払いが発生することも防止できるはずです。

まとめ

浮気の慰謝料は一括払いが原則ですが、分割払いできないわけではありません。

しかし、浮気慰謝料の分割払いは不払いなどのリスクや、慰謝料の支払いを受ける側が不払いのときに督促しなければならないため手間があるなどのデメリットがあります。

どうしても浮気慰謝料を一括払いできないケース以外では、分割払いは避けた方が無難ではないでしょうか。

分割払いを避けたい場合は慰謝料を減額するなどの方法があります。

分割払いを避けたい場合などは、弁護士に相談して一括で払わせる方法がないかアドバイスを受けてはいかがでしょう。

慰謝料の分割払いに応じざるを得ない場合にも、慰謝料の不払いを避けるために、条件などのアドバイスを受けることをおすすめします。

離婚は大半の人には初めてのことで、心配で相談することすらどうしたら良いのかわからない方もいらっしゃると思います。
また離婚は夫婦ごとに個別事情ですので、 インターネットで調べても、自分自身にあっているのか? ケースでどうするのか?正解かを理解することは難しいです。
離婚に強い弁護士に相談することをおすすめします。

離婚相談ダイヤル

05054456161
mail

関連記事

top