不貞行為されても離婚しないで慰謝料請求したい!請求の流れと相場を事例で紹介 | 離婚弁護士マップ
MENU
close
閉じる
離婚に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日無料受付中
離婚相談ダイヤル(無料)
050-5445-6161
浮気 不倫により慰謝料請求をしたい方 > 浮気 不倫により慰謝料請求をされた方 >

離婚弁護士コラム

離婚問題に強い弁護士を無料でご案内します!
24時間365日いつでも受付!
050-5445-6161
離婚相談ダイヤル(無料)
無料メール相談
離婚弁護士マップ > 離婚弁護士コラム > 慰謝料・財産・お金 > 不貞行為されても離婚しないで慰謝料請求したい!請求の流れと相場を事例で紹介

不貞行為されても離婚しないで慰謝料請求したい!請求の流れと相場を事例で紹介

この記事でわかること

  • 不貞行為で離婚せずに慰謝料請求できるかわかる
  • 不貞行為で離婚しない場合の慰謝料相場や請求方法がわかる
  • 不貞行為で離婚せず慰謝料請求した事例を理解できる

不貞行為で慰謝料請求できるという話を聞いたことはありませんか。

ただ、慰謝料請求できるとして、不貞行為が原因で離婚をしなくても請求できるかどうかが問題です。

配偶者と不倫相手の不貞行為で離婚しなくても、慰謝料請求は可能なのでしょうか。

仮に可能だとしたら、誰にどのような流れで不貞行為の慰謝料請求をしたらいいのでしょうか。

この記事では、離婚しない場合の慰謝料請求の可否や慰謝料相場、慰謝料請求の方法や事例など、離婚せずに慰謝料請求したい人が知っておきたい知識をまとめました。

離婚をせずに慰謝料の請求は可能か

不貞行為の慰謝料請求という言葉から、離婚に際して、不貞行為による心の傷に対しての責任追及を行うという印象があるかもしれません。

そこから、不貞行為の慰謝料請求をするためには「離婚しなければいけない」と思う人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、離婚しないで不貞行為の慰謝料請求をすることも可能です。

不貞行為とは、結婚している人が配偶者以外の人と肉体関係を持つことを意味します。

結婚している以上、配偶者以外の異性と肉体関係を持つことは許されません。

配偶者が自分以外の異性と肉体関係を持った場合は、不貞行為をされた配偶者は慰謝料請求できます。

不貞行為による慰謝料とは、不貞行為による心の痛みに対して支払われます。

離婚する、離婚しないに関わらず、不貞行為により心の痛みは発生しています。

よって、不貞行為を原因に離婚しなくても、不貞行為による心の痛みが発生しているために慰謝料請求は可能であるという理屈です。

相方と浮気相手両方に慰謝料請求ができる

不貞行為を原因に、離婚せずに慰謝料請求が可能だとしても、具体的に誰に対して不貞行為の慰謝料を請求できるのでしょう。

不貞行為の慰謝料請求先が分からなければ、慰謝料を請求できません。

離婚しないで不貞行為の慰謝料を請求するためにも、慰謝料の請求先について確認しておきましょう。

離婚しないで不貞行為の慰謝料を請求する場合、請求先は「不貞行為をした配偶者」と「不貞行為の相手」になります。

不貞行為は、ひとりではできません。

不貞行為をする配偶者と不貞行為の相手がいて、はじめて成立します。

不貞行為はふたりいないと成立しないことから、責任もふたり共同で負うことになるのです。

不貞行為の慰謝料を不貞行為した配偶者と不貞行為の相手どちらにも請求できるのは、不貞行為が共同で行う不法行為だからです。

ただ、不貞行為の慰謝料を、配偶者と不貞行為の相手どちらにも請求できるからといって、どちらにも請求しなければならないというわけではありません。

不貞行為に走った配偶者だけに慰謝料請求することも可能ですし、不貞行為の相手にだけ慰謝料請求することも可能です。

また、不貞行為の慰謝料請求が可能だというだけで、慰謝料請求は義務ではありません。

配偶者と不貞行為の相手のどちらにも慰謝料を請求しない、という決断を下すことも可能なのです。

不貞行為をされた配偶者が、慰謝料請求を進めるかどうか、そしてふたりのうち誰に慰謝料請求するかを決めることができます。

離婚しない配偶者に慰謝料請求するときは注意が必要

離婚しない場合に配偶者へ慰謝料請求すると、家庭内で金銭が循環する可能性があるため注意が必要です。

たとえば妻が、不貞行為に走った夫と離婚しないで慰謝料を請求しました。

仮に慰謝料の額は100万円とします。

夫は手持ちのお金がないため、家庭のお金から100万円を出金して妻に慰謝料を渡しました。

妻は受け取った慰謝料を家庭のお金へ戻しました。

これでは、100万円慰謝料として支払って、100万円戻ってきたことと同じです。

離婚しない場合、慰謝料がふたりのお金から出てふたりのお金に戻ってくることがあります。

離婚しない場合も、不貞行為をした配偶者に慰謝料請求自体は可能ですが、夫婦は生計を共にしているため、配偶者への慰謝料請求が現実的ではないケースがあります。

このようなケースでは、配偶者の不貞行為の相手のみに慰謝料請求するという方法があります。

事情を考えて、不貞行為の慰謝料請求先をよく検討することが重要です。

相手に慰謝料請求をする流れとは

配偶者や不貞行為の相手に慰謝料を請求する流れは次の通りです。

不貞行為の証拠を集める

配偶者や不貞行為の相手に慰謝料請求をするときは、まず不貞行為の証拠集めを行います。

証拠がなくても配偶者や不貞行為の相手が慰謝料請求に応じればいいのですが、証拠がなければ言い逃れされるケースや、不貞行為自体を否定されるケースなどがあります。

配偶者や不貞行為の相手に、断固とした証拠を突きつけて慰謝料の支払いを促すためにも、不貞行為の証拠を集めましょう。

不貞行為の証拠は「肉体関係を持ったことを証明する根拠」です。

浮気のすべてが慰謝料請求の対象になるわけではなく、肉体関係があったケースが不貞行為として慰謝料請求の対象になります。

よって、慰謝料をしっかり請求するためにも、肉体関係があったことが分かる証拠を収集してください。

具体的には次のような証拠になります。

  • ・配偶者と不貞行為の相手がラブホテルに出入りしている写真や動画
  • ・肉体関係があったことが分かるSNSやメールでのやり取り
  • ・本人たちが不貞行為を認めている音声の録音
  • など

この他にも不貞行為の証拠になるものはあります。

あくまで一例です。

証拠として弱いものでも、いくつか組み合わせることで不貞行為を証明できる可能性があるのです。

なお、不貞行為の慰謝料請求のための証拠について、疑問がある場合や自分で証拠収集することが難しい場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

内容証明郵便などの書面で慰謝料を請求する

不貞行為の証拠を集めたら、次に慰謝料の請求を行います。

慰謝料の請求は口頭でも可能ですが、後から「言った」「言っていない」などのトラブルになる可能性があります。

口頭では慰謝料請求の証拠が残らないという問題もあります。

慰謝料請求には日本郵政に送付と慰謝料請求の事実(内容)が記録される内容証明郵便で行うといいでしょう。

不貞行為の慰謝料請求をした相手が、素直に支払い内容や条件を承諾して慰謝料を払えば完了です。

裁判や調停で不貞行為の慰謝料請求をする

内容証明郵便などで慰謝料請求をしても応じてもらえなければ、調停や裁判などの裁判所手続きで慰謝料の請求を行います。

調停は、調停委員という第三者が関与する話し合いとしての性質が強い手続きです。

話し合いとしての性質が強いわけですから、請求側と請求された側の態度次第では不成立に終わる可能性があります。

裁判は双方の証拠や主張を出し合い、最終的に裁判官が不貞行為の慰謝料について判決を下す手続きです。

離婚をしない場合の慰謝料の相場

不貞行為を原因に、離婚しない場合はどのくらいの慰謝料を請求できるのでしょうか。

不貞行為があっても離婚しない場合の慰謝料の相場は50~200万円ほどです。

不貞行為により離婚したケースの方が不貞行為による損害が大きいため、離婚したケースの方が慰謝料額の相場は大きくなっています。

ただし、慰謝料相場はあくまで目安でしかありません。

慰謝料は、請求側と支払う側が話し合って金額を決めることが可能です。

双方が合意すれば1,000万円でも差し支えありません。

相場金額より高額でもよく、慰謝料相場より低い金額でもいいのです。

不貞行為の事情によって金額が変わるため、慰謝料額は個別の事情によりケースバイケースになります。

相方と離婚せずに慰謝料請求出来た過去の事例

配偶者と離婚しないで慰謝料請求できた過去の事例を3つ参考としてご紹介します。

離婚せずに220万円の不貞行為慰謝料が認められた事例

妻が不貞行為に走り、夫が妻の不貞行為相手に慰謝料を請求した事例です。

夫は440万円の不貞行為の慰謝料を請求していましたが、最終的に認められた慰謝料の額は220万円でした。

220万円のうち20万円は弁護士費用になります。

不貞行為をした妻と夫は慰謝料請求後も離婚していません。

離婚せずに50万円の不貞行為慰謝料が認められた事例

同じく不貞行為の慰謝料請求後も離婚していないケースです。

婚姻期間19年の夫婦の夫が、妻以外の女性と不貞行為をしました。

妻は不貞行為の相手である女性に不貞行為の慰謝料500万円を請求しましたが、慰謝料として認められたのは50万円でした。

このケースでは、夫が不貞行為に走る前から夫婦は別居していたという事情がありました。

しかしながら、夫婦としての交流や振る舞いはあったため、慰謝料請求が認められた事例です。

離婚せずに150万円の不貞行為慰謝料が認められた事例

妻が不貞行為をして、夫が不貞行為の慰謝料請求をした事例です。

妻と不貞行為の相手である男性は学生時代からの知り合いでした。

再会により不貞行為に発展したという事情があります。

夫が請求した慰謝料が認められ、150万円の支払いになりました。

夫婦は離婚していませんが、家庭内別居の状態になっています。

慰謝料請求後の夫婦関係はどうなるか

不貞行為の慰謝料を請求した後の夫婦関係は、いくつか考えられます。

ご紹介した事例でも、不貞行為の慰謝料請求をした夫婦によって慰謝料請求後の夫婦関係が違っていることが分かるはずです。

離婚しないで不貞行為の慰謝料を請求した場合、夫婦関係が修復される可能性がひとつあります。

たとえば今まで仕事が忙しくて家庭を顧みない夫がいました。

妻は寂しさから不貞行為に走りました。

不貞行為が原因で離婚しないという決断を下した夫婦は、不貞行為をきっかけに自分たちの行いを冷静に考え、夫婦関係を修復するケースがあります。

不貞行為をした妻と夫が離婚せず、今まで通り生活しているケースもあるのです。

この他には、離婚しないで慰謝料請求をした後に夫婦関係に亀裂が生じる可能性もあります。

たとえば、夫婦で話し合って離婚しないという決断を下したが、会話や交流は慰謝料請求前と比較して明らかに少なくなった。

あるいは、子どもの行事や親族と会うときは夫婦として振る舞い、家庭内ではほぼ別居のようになってしまうケースもあるのです。

離婚しないで不貞行為の慰謝料を請求する場合は、家庭によってさまざまな請求後の関係が考えられます。

この場合は、請求後のことも考えておくことが重要です。

まとめ

離婚しないで配偶者や不貞行為の相手に慰謝料請求することは可能です。

不貞行為の慰謝料とは、不貞行為をされたことによる心の痛みに対して支払われるものです。

不貞行為により心に苦痛を抱えるわけですから、離婚しなくても請求自体は可能なのです。

ただし、注意したいポイントがあります。

不貞行為を原因に離婚しないで慰謝料請求する場合は、離婚する場合より慰謝料相場が下がる傾向にあります。

加えて、慰謝料請求後の夫婦関係についても考えておくことが必要になるのです。

離婚しないで不貞行為の慰謝料請求をすることに不安があれば、弁護士に相談することをおすすめします。

離婚は大半の人には初めてのことで、心配で相談することすらどうしたら良いのかわからない方もいらっしゃると思います。
また離婚は夫婦ごとに個別事情ですので、 インターネットで調べても、自分自身にあっているのか? ケースでどうするのか?正解かを理解することは難しいです。
離婚に強い弁護士に相談することをおすすめします。

離婚相談ダイヤル

05054456161
mail

関連記事

top